プライスアクションの基礎と実践ノウハウ

プライスアクション・フォーメーションについて

FXで稼ぐための知識として学習しておきたいのが、プライスアクションです。

今回はローソク足の組みわせだけでも勝つことができるプライスアクション・フォーメーション(ローソク足の組み合わせ)について解説していきます。

インサイドバー(IB)はらみ足

インサイドバー(はらみ足)が
・天井圏で出るパターンは、陽の陰はらみ。

陽の陰はらみパターン

左側のローソク足が陽線で右側が陰線。

・底値圏で出るパターンは、陰の陽はらみ。

トレンド転換を判断するプライスアクションの陰の陽はらみ

右側のローソク足が陰線で左側が陽線。

(特徴)

インサイドバー(はらみ足)は、左側のローソク足が長く右側が短いという特徴があります。

(重要ポイント)
あくまでトレンド転換を示唆するプライスアクション・フォーメーションとして捉えておくことが重要です。

相場の天井圏や底値圏でのインサイドバー(はらみ足)が有効で、トレンド相場の途中やレンジ相場内では重要視されません。

(相場の読み方(市場心理))
天井圏の陽の陰はらみであれば、買いが出尽くしてボラティリティが下がり利益確定売りが出始めていると読むことができます。

(リアルチャート分析)
下落トレンドから上昇へ移行するプライスアクション

上図では、下落トレンドの最終局面でインサイドバー(はらみ足)が出現。その後、大きく買いが入ってトレンド転換となっています。

実践で稼ぐプライスアクショントレード手法

上図の赤枠では左側に陽線で右側に十字線となっていますが、このパターンもインサイドバー(はらみ足)として考えます。

エングルフィングバー(EB)包み線

エングルフィングバー(包み線)は、トレンド転換を示唆するプライスアクション・フォーメーションですが、天井圏や底値圏だけでなくトレンド相場の押し目や戻し目でも使えるフォーメーションです。

トレンド転換を見極める方法

上昇トレンドからトレンド転換を示唆する含み足。

トレンド転換で役立つ含み足

下降トレンドからトレンド転換を示唆する包み線。

(特徴)
エングルフィングバー(包み線)は、左側のローソク足が短く右側が長いという特徴があります。

(重要ポイント)
基本的には相場の底値圏や天井圏のトレンド転換を示唆するパターンとして考えますが、マルチタイムフレーム分析(MTF)で押し目となる場面でも使うことができます。

(相場の読み方(市場心理))

トレンドを形成するきっかけとなる強い買いや売りが入ることでエングルフィングバー(包み線)が完成します。反転場所を探っている市場参加者が包み線をきっかけに、次々に同じ方向へ仕掛けることで相場は勢いづきトレンドを形成(トレンド転換)していきます。

(リアルチャート分析)

含み足のチャート分析

上図では勢いよく上昇したローソク足を次の陰線で打ち消すようにエングルフィングバー(包み線)ができ、その後は売られる相場展開になっています。

プライスアクションとダウ理論やテクニカル分析

上図は下落相場で売りが出尽くして直近3本のローソク足を包み込む長い陽線でエングルフィングバー(包み線)完成。そこから追随して買いの注文が入っていることがわかります。

十字線(寄り引き同時線)

酒田五法のローソク足種類やトレード手法

十字線は相場の転換を示唆するプライスアクションです。
種類としては基本系となる十字線、足長同時線、トウバ、トンボ等があります。

①十字線
ボラティリティが下がり買い方と売り方が様子見や方向を見極める状況がローソク足の動きから読み取ることができ舞うs。

②足長同時線(寄せ線)
上下ともに長いひげをつける同時線は、買い方と売り方が完全に拮抗している状態として読み取ることができます。

③トンボ
ローソク足の下髭が長いトンボは底値圏で確認できれば相場の転換を読み取ることができます。

④トウバ
相場の高値圏で確認ができれば上げどまり(もしくは小休憩)を示唆するローソク足です。買い方が上昇に失敗して買いが思うように入らずにトウバが完成することが多くあります。

ピンバー(PB)

Pin Barは欧米トレーダーに人気のプライスアクションで、相場の高値圏や底値圏でピンバーを確認できれば反転を示唆して、トレンド相場の押し目や戻し目で確認できれば絶好のエントリーチャンスとなります。

売りのピンバー
売りのピンバー

買いのピンバー
買いのピンバー

ローソク足の下髭や上髭が長いピンバーは、相場心理を視覚的にも判断しやすいプライスアクションです。

売りのピンバーでは買い圧力よりも売り圧力が増していることがわかり、買いのピンバーでは売り圧力よりも買い圧力が増しています。

(リアルチャート分析)

ダウ理論やグランビルの法則で稼ぐ

ローソク足の組み合わせやマルチタイムフレーム分析方法

プライスアクション・フォーメーションのまとめ

プライスアクション・フォーメーションは裁量トレードにおいて重要なチャート分析法の1つです。多くのトレーダーが意識していますので、フォーメーションが完成したときには強力にトレード判断をサポートしてくれます。

プライスアクション・フォーメーションだけでも威力はありますが、移動平均線やフィボナッチなど他のテクニカルツールと組みわせることでより確度の高いトレードを実現できます。

プライスアクションはシンプルなので他のテクニカル指標とも相性が良く、チャート分析やエントリー根拠の1つとして学習しておいて損はありません。

裁量トレードでは必ず習得しておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  • Trackback are closed

  • コメント (2)

    • griffiss
    • 2016年 3月 02日

    トレーディングビューの情報を求めてこちらのサイトに辿り着きました。 

    基本的な技術の説明が分かり易く説明されているのでとても参考になりました。

    商材の購入をしようとおもいますが、まだリンクが貼られていないようでした。
    3月12日から発売と理解してよろしいでしょうか?

      • ベア男
      • 2016年 3月 06日

      griffissさんコメントありがとうございます。
      トレードマスタースクールは3月12日に販売予定になっております。
      宜しくお願いします。



ランキング